2018年7月16日月曜日

第56話 天童のお菓子

暑さが極まり外を出歩くのが億劫になるこの季節。

風鈴の音が心地よいですね。

そんな猛暑真っただ中、天童の街を歩いていると、、、

かき氷の旗があるではありませんか。

歴史を感じる建物





見上げると

いかにも古そうなビルを発見!

こんにちは~



一昔前の香り、懐かしい





















天童の有名菓子がずらり

















画像にあるのし梅は、山形では有名な品

のし梅を食べたことないそこのあなた

今すぐ舞鶴堂へ。




イチゴミルク400円





















暑さでお菓子よりもかき氷

を注文してしまいましたが。

かき氷もアイスの分類では氷菓。




店主の方とお話していると

ここのビルのお話になり、

このビル、舞鶴堂は昭和31年に

建てられたそうで、、

歴史を感じます。
 

 


絵本チック




左が製菓工場 右が本店




























昔は左のほうに製菓工場もあったようなのですが、

東日本大震災で構造に不備が見つかってしまい

取壊されてしまいました。

その分機械は2階と3階に移動したため、今はそこ

でお菓子作りをしています。



3階まである本店

















本来の舞鶴堂は二階で三階にはレストランがあり

昔、屋上ではビアガーデンをしていたそう。

私もその頃に生きていたらビアガーデンで飲んでみたい。

天童の街を一望しながら、、、



最高ですね!


創作菓子の数々















店主の一品

















お店の雰囲気は静かでひそっりとして

落ち着くにはうってつけ。

店主の方は芸工大の評判もご存じで

芸工大がデザインしたお菓子を褒めていただきました。

芸工大と舞鶴堂のコラボ商品是非やって欲しいです!




完食

















ごちそうさまでした~

今年初かき氷はとても歴史深い味になりました。

私ものし梅買ってきますね。







店名 (株)舞鶴堂

住所 天童市東本町1-16-8

営業時間 9:00~18:30

定休日 無休

電話番号 023-653-2631




(文・写真 蜂谷 要)











(文・写真 蜂谷 要)








































 

0 件のコメント:

コメントを投稿