2018年7月16日月曜日

第56話 天童のお菓子

暑さが極まり外を出歩くのが億劫になるこの季節。

風鈴の音が心地よいですね。

そんな猛暑真っただ中、天童の街を歩いていると、、、

かき氷の旗があるではありませんか。

歴史を感じる建物





見上げると

いかにも古そうなビルを発見!

こんにちは~



一昔前の香り、懐かしい





















天童の有名菓子がずらり

















画像にあるのし梅は、山形では有名な品

のし梅を食べたことないそこのあなた

今すぐ舞鶴堂へ。




イチゴミルク400円





















暑さでお菓子よりもかき氷

を注文してしまいましたが。

かき氷もアイスの分類では氷菓。




店主の方とお話していると

ここのビルのお話になり、

このビル、舞鶴堂は昭和31年に

建てられたそうで、、

歴史を感じます。
 

 


絵本チック




左が製菓工場 右が本店




























昔は左のほうに製菓工場もあったようなのですが、

東日本大震災で構造に不備が見つかってしまい

取壊されてしまいました。

その分機械は2階と3階に移動したため、今はそこ

でお菓子作りをしています。



3階まである本店

















本来の舞鶴堂は二階で三階にはレストランがあり

昔、屋上ではビアガーデンをしていたそう。

私もその頃に生きていたらビアガーデンで飲んでみたい。

天童の街を一望しながら、、、



最高ですね!


創作菓子の数々















店主の一品

















お店の雰囲気は静かでひそっりとして

落ち着くにはうってつけ。

店主の方は芸工大の評判もご存じで

芸工大がデザインしたお菓子を褒めていただきました。

芸工大と舞鶴堂のコラボ商品是非やって欲しいです!




完食

















ごちそうさまでした~

今年初かき氷はとても歴史深い味になりました。

私ものし梅買ってきますね。







店名 (株)舞鶴堂

住所 天童市東本町1-16-8

営業時間 9:00~18:30

定休日 無休

電話番号 023-653-2631




(文・写真 蜂谷 要)











(文・写真 蜂谷 要)








































 

2018年7月12日木曜日

第55話 暮らしの中にあるバル


僕が通う芸工大の近くに、ある日突然「バーができた」、という知らせを聞いた。

 

その名も「あるバル」。

 

夜の住宅街に、お店はあります
 

 

昨年11月、住宅地のなかに突如現れたバーに、僕たち学生は興味半分、不安半分といった心持でお店を訪ねました。

 

東青田のTSUTAYAの近くの坂道、ヘアサロンの二階に店舗はあります。

 

日々更新される黒板はユーモアたっぷり

 

お店は、バーカウンターとテーブルで構成され、一人でも団体でも大丈夫。


壁際には、いっぱいに並ぶ豊富なウイスキー、そして存在感のあるスピーカー。

聞くところによると、8.1chサラウンドシステムの超高音質のオーディオ環境のために、防音の壁にしたのだとか。

 

所狭しと並ぶお酒たち
 


今回は、あるバルオリジナルのウイスキーをロックでいただきました。
 
 
マスターのウイスキー好きが高じて作られたオリジナル
 

 

ウイスキーというとアルコール度数が高く、クセの強いお酒と思われがちですが、

種類や飲み方によっては、とてもスムーズに飲むことも可能です。

 

もちろん、初めてで詳しいことは分からないという人も、マスターが相談にのってくれるので安心。

 

この、あるバルオリジナルウイスキーも、主張は強いながらも口当たりはとても滑らかで、

ウイスキー初心者から、ウイスキー好きまで、美味しく飲めそうなブレンドとなっています。

 

あるバルオリジナルウイスキー
 

 

また、お酒を飲むことだけがバーの楽しみではありません。

バーカウンターで、たまたま隣に座った人と、ふとしたことで話が盛り上がることも。

 

特に、あるバルでは学生から社会人まで、幅広い人たちが集まります。

ふと一息つきたいときには、ピッタリの場所です。

 
おつまみも美味しい。今日はウイスキーに合わせてミックスナッツを

 

 

以前、マスターに、なぜ店名が「あるバル」なのか、と尋ねたことがあります。

「住宅地のなかに“ある”こと、それは暮らしのなかに“存在している”こと。あとはお酒もたくさん“ある”からかな」

いつものように軽快に笑いながら、マスターはそう教えてくれました。

 

普段の暮らしの中で見逃してしまいそうになること。

あるバルの中には、そうしたことが詰まっています。

 

(文・写真 北嶋孝祐)

 

--------------------------------------------------------

 

あるバル

住  所 山形県山形市東青田4-6-21 2F

営業時間 18:0024:00

定休日  日曜日

URL   https://www.facebook.com/barbestaan/

2018年7月1日日曜日

第54話 煮干し専門店!!

春が終わりかけ夏が近づいて来て

最近は蒸し暑くなって来ましたね!!



山形であっさりのラーメンをよく見かけることが多いのですが、

あまり見かけない煮干し専門店のラーメン屋さんが

286号線沿いにたまたま発見したので、立ち寄ってみました!!                 



白黒の看板











モノトーンの入り口
























入り口にはラーメンの看板、入ってすぐに寸胴鍋とおたまがあり、

本格的なラーメン屋さんなのかと感じました!!




本格的

       


















最近新メニューとして出された二郎系ラーメンの

『にぼ二郎』と『つけにぼ二郎』の写真が


入り口と店内に貼ってあり、気になったので

にぼ二郎の方を食べてみました。


ラーメンをまっている間『当店のこだわり』

というメニュー表がありました。





こちら新メニュー



















(スープ・麺・食材・塩・スタッフ)

など様々なことが詳しく表記されており

こだわりが強いんだなあと思いました!!




強いこだわり…


















     
また店内を見わしていると家族連れで

お子さんと一緒にくつろいで食べれる『Kids Room』があり、

 店内は白の椅子で統一されておりシンプルな店内です。


ラーメン以外にお客さんのことをよく考えているなと感じました!!




家族思い






            





シンプルな店内























そんなこんなで待っているとラーメンが来ました!!!






麺が見えないほどのもやしの量!












     







見た目は野菜が多く乗っていて器がそこまで大きくないのにもかかわらず、

食べてみるととてもボリューム満点で食べ応えがあります。

スープは煮干しの味が濃く、煮干し好きにはたまらない味です!!



味変で生卵を+30円注文することが可能で

すき焼き風にすることができるので、

飽きずに最後まで食べることができます。



また分厚いチャーシューが2切れ入ってるので、

頬張った時は口一杯肉汁と厚い肉で埋め尽くされるので

幸せな気持ちになります!!



ぜひ煮干しが好きな方、朝早くからラーメンを食べたい人は

立ち寄って見てはいかがでしょうか?




(文・写真 生田目優有)
___________________________________________________
『らー麺 Do・Ni・Bo にぼし専門店』

住所   山形県山形市南原1丁目20-23
TEL   023-664-3139
営業日  月〜金 6:30~10:00 11:00~14:30       
     土日 6:30~17:00
     定休日 毎週火曜日

HP   shinsyunya.com/shop/donibo/

2018年6月17日日曜日

第53話 隠れ家、見つけました。

人って、どうして「隠れ家」が好きなんでしょうか。




「自分だけが知ってる場所」




これだけで、なぜか心躍ってしまう。
不思議なフレーズですよね。




さて、今回はそんな「隠れ家」的なお店をご紹介します。




その名も『Kitchen Fields』さん。




赤い鉄骨が目印



















普通に歩いていると、つい見落としてしまいそうになります。
この赤い鉄骨で組まれた通路が、お店への入り口です。




一見、ただの通路のよう



















通路を進んでいくと…




入り口が!



















右側に、お店の入り口があります。
これだけでも、とてもワクワクしてきませんか?




さあ、中を覗いてみましょう。




落ち着いた雰囲気の店内




















観葉植物がたくさん!



















「こんにちは〜」

「こんにちは〜いらっしゃいませ〜」

お店の奥から出てきてくださったのは、笑顔の素敵な店主の方。




ところで、何のお店なんだろう?
テーブルはなく、あるのはイスが3脚。
レストランではないような…?




など、いろいろと考えていると、店主の方が一言。




「うち、テイクアウト専門の珈琲ショップなんですよ。」




そう、実はこのお店、テイクアウト専門の珈琲ショップ。
山形市内に喫茶店は多いですが、テイクアウト専門とは珍しいお店ですよね。




メニューも豊富



















訪れた日は最高気温が28度という夏日。
ということで、ドリップアイスコーヒーを注文しました。




「はい、お待たせしました〜」
注文しておよそ10分後、アイスコーヒーが運ばれてきました。






















苦味と酸味がほどよいバランスとなっており、とても飲みやすい味です。
後味も控えめでスッキリとしているのが特徴です!




「私、コーヒー大好きなんですよ」

「そうなんですね、どんな味が好みなんですか?」

「ちょっと苦めなものが好きですね、でもうまく淹れることができなくて…」

「あ、そうでしたらこんな淹れ方をすれば…」




気づけば、コーヒー片手に15分も話し込んでいました。
そのくらい、このお店の雰囲気がよく、コーヒーも美味しいんです。




「また、来よう」
ここを訪れたお客さんはみんな、そう思うはずです。




ぜひ一度、足を運んでみてください。
大人の隠れ家、ここにありました。


(文・写真 迎田崚真)



--------------------------------------------------------------
Kitchen Fields

address:山形市中桜田3-1-1
tel:023-624-2465
mail:info@kitchenfields.com
http://www.kitchenfields.com/

2018年5月21日月曜日

第52話 X-Sports




5月に入り
田植えの時期になりましたね。


この時期の田んぼの風景
聴こえるカエルの声


どこか風情を感じますね。




そんな肌にさわる風もちょうど良い5月

私は暇さえあれば趣味のスケートボードで遊んでいます。



スケートパークに行くこともありますが
最近は夜に滑るのがマイブーム。




夜風が気持ちいい!!



そんなことを思っていると行きたくなってくる場所があります。




それは


『ジョックス』




ジョックスとは

私がスケートボードで何度もお世話になっている

サーフショップです。

ストリート系の外装

看板




専門店な雰囲気




























































実はこのお店


私が本格的にスケボーを始める
きっかけとなったお店でもあります。




初めて行った時も今も

店員さんがとても気さくでたくさん話しができます。



色々なアドバイスも頂けます。






今では





「おう!久しぶり!」


とまで言って頂けます。







中には有名なブランドのものがびっしりと置いてある。




細かく覗いてみると、、




様々な柄のデッキ






















スケボーのツール






















雪山に行きたくなる






















波に乗りたくなる
























スケートボード


スノーボード


サーフボード




主にこの3つのものを販売しています。


とてもかっこいい!





初心者で何を買えば良いか分からなくても


店員さんが優しく教えてくれるので安心です。





この中に欲しいスニーカーが!






















奥の隅にレッドブルの大きい缶






















服などもある






















スケートブランドのステッカー























アパレル系のものも売っている。


ストリートな服がたくさん売っているので是非欲しいですね。





ベンチ1






















ベンチ2























そして商品ではありませんが


スノボーの板

スケボーのデッキで作られたベンチがあります。




とってもCOOL!




かっこいい





















店内にはスケボーの映像も流れています。







…やりたい


スケボーしたい!!






気持ちとは裏腹に今日はあいにくの雨。


でもここジョックスなら!


ミニランプ





















会員カードを作れば滑れてしまうのです!




ドキドキ





















早速私も

Myスケボー滑ることにしました。



ビューン!と滑って行きます。






ゴォーーー。





ゴォーーー。




まだまだ下手くそですが

やっぱり楽しい!




天井の光景である























…なぜ天井が見えるか



転んだからです。


怪我にはくれぐれも気をつけましょう。



ぶっ飛んでいったMyスケボー






















ぬあああーーーー






















何度も何度も失敗。


何度も何度も挑戦。




スケボーはその繰り返し。


でも失敗を積み重ねて出来た時の喜びは格別です!!








TOKYOオリンピックで正式種目となり

スケボーの認知度も上がってきています。





今最も熱いスポーツ。




運動不足だなと感じる方

何か趣味を見つけたいという方



気軽に始めることのできる
スケボーをやってみるのもいいかもしれませんね。










(文・写真 近藤暉人)



JOCKS(ジョックス)

住所:〒990-2422 山形県山形市中桜田3丁目1−7

営業時間:12:00~20:00

定休日:水曜日

URL:jocks-net.com/xoops/